卸サイト開設で新規開拓に成果あり、BカートASPで業務効率が向上しました。

株式会社ナニワ商会
商材部
芝野 浩二 様

株式会社ナニワ商会様の導入事例

創業70年の老舗カメラ専門販売会社

事業内容について教えてください。

ナニワ商会はカメラの専門店として1947年に大阪心斎橋で創業した企業になります。
事業体としては、関西を中心に店舗やECによる小売事業に加え、卸売り事業、ラボ事業の大きく3つに分かれています。

一般消費者向けカメラ用品専門のECサイト「ナニワグループオンライン」は、自社サイトのほか、楽天市場とアマゾンに出店しています。ラボ事業部はあまり聞きなれないと思いますが、主に画像処理のサービスを行っております。BtoC向けには古いデータの写真ネガのスキャンサービスをしており、BtoB向けには画像の処理サービスを展開中です。

従来の営業手法を抜本的に変えていくために法人向け(卸)ECサイトを立ち上げました。

なぜ、法人向け卸サイトを立ち上げたのですか。

法人向けECサイトを立ち上げるまでは、約20人の営業社員がルート営業で展開してきました。対面による足で稼ぐという考え方が中心でしたが、訪問営業ばかりでは新規開拓が難しいと判断し、ECサイトを立ち上げることに決めました。
いまやあらゆる情報をネットで検索する時代になりました。それに伴って顧客との最初の接点がリアルからネットに移行し、営業社員の役割が徐々に変化してきたことが背景にあります。

導入コストも低価格、早期構築のためASP型を選択

BカートASPを選んだのはなぜですか。

BtoCは「サイトと店舗で同じ環境を作る」ということにこだわりました。中古カメラを中心に取り扱っていますので、実物を確認するためにお客様の近くの店舗にお取り寄せする機能や、傷などを含む詳細な状態を確認できる機能や、店舗と同じように360度から商品を確認できる機能など、システムに大きな投資をしてきました。

ただ、BtoBの場合は、商習慣に合致した価格管理や決済設定、受注管理といった基本的な仕組みを重要視しつつ、ウェブコンテンツを充実させる目的も大きかったため、一から構築するより必要な機能が揃っているクラウド(ASP)型が適していると考えました。

導入するにあたっては、数社のシステムを比較検討しました。
BtoBに特化している点に加え、導入コストも他社と比べて安かったことも決め手でした。

営業社員、事務スタッフの業務効率が向上しました!

ECサイト立ち上げ後はどのような成果が出ていますか。

ECサイトでは、現在約1万品目を揃えています。
従来から、全国の写真館など2000法人のほか、警察(鑑識)などの官公庁や量販店なども500法人の取り引きがありました。
ECサイトの開始で、営業スタイルも変化しています。

営業社員の訪問は取り引きの多い企業や他団体に絞り込み、フリ―ランスのカメラマンなどをECサイトから取り込む戦略を打ち出しています。これまで接点を持つことができなかったフリーランスの方には、フェイスブックやインスタグラムなどSNSでアプローチしています。

新規顧客開拓の効率が格段に上がっていると手応えを感じています。

BカートASPの使い勝手はいかがでしょうか。

社内の生産性向上にも成果が出ています。
従来の電話やFAX注文による顧客からの問い合わせが減少したことで業務効率が向上しました。また、訪問時に顧客から受注を受けると、営業社員が自社のコールセンターに発注していましたが、商談のその場でECサイトから受注することができるようになりました。
営業社員は月曜日に事務所に出社する以外は出先での対応ができるようになってきたので、営業効率もアップしています。

今後の展開について

ECサイトでは、写真に関わる業界の情報などのコンテンツを強化していきます。これまで営業社員が口頭で伝えてきた内容をサイトに掲載し、つながりを持てるようにしています。

ようやく受注全体の3割がEC経由でいただけるようになりました。今後はスマホ対応を強化することでEC経由の受注割合を増やしていきたいと考えています。

株式会社ナニワ商会

〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田2-1-18 西阪急ビル6F
http://www.cameranonaniwa.co.jp/