BtoB 受発注の用語集

チェーンストア理論(チェーンストアリロン) とは

チェーンストア理論とは、アメリカで生まれた経営手法のことである。

あらゆる企業活動を中央集権的に本社(本部)へ集中させて、店舗(現場)ではオペレーションに専念することで経営効率をあげる手法である。また、バイイングパワーが増した本社(本部)はスケールメリットを活かせるようになりコストダウン効果がある。

このチェーンストア理論というものを日本国内において広めたのはチェーンストア経営研究団体のペガサスクラブ創立者である渥美俊一と言われている。

このチェーンストア理論があてはまるのは小売業だけでなく、飲食店やサービス業なども含まれていて、統一性を持った複数店舗の集合体をチェーンストアと呼ばれている。チェーンストアには直営店で店舗展開する場合と、フランチャイズで店舗展開する場合があるが、一般的には直営店とフランチャイズ店を区別されずチェーン店と呼ぶことが多い。