Bカートの使い方

無料お試しサービスにお申込みいただいたお客様へ

無料お試しサービスにお申込みいただいたお客様へ

BtoBのECサイトを立ち上げよう!となったものの、本当にこれで自社の受注業務をWEB化できるのか、自社の顧客がどのように注文してくるのか分からない、そのような状態でいきなり使い始めるのは不安ですよね?そういったお客様によりBカートを知っていただくために15日間の無料お試しサービスを提供させていただいております。とはいえ何から試していいものか・・・となっている方のために、本記事ではBカート無料お試しサービスの押さえどころをご紹介いたします。

目次

 

【はじめに】無料お試しサービス申込後の流れ

Bカートにて15日間無料お試しにお申込みいただくと、3営業日以内にお試し環境のURL、管理者ID、パスワードをご登録のメールアドレス宛にご連絡いたします。

15日間無料お試し申込ページ

ログインしてみましょう

お試し環境の案内メールに記載の管理者IDとパスワードを入力します。

管理者IDとパスワードに関してはログイン後変更が可能です。

管理画面ログインページ

管理画面ログインページ

管理画面ログイン後のページ

管理画面にログインするとダッシュボードが表示されます。

こちらは受注件数や登録会員数/商品数、システム更新情報などの確認が可能です。

管理画面ダッシュボード

管理画面ダッシュボード

1/6 商品データを登録してみましょう

ECサイトの注文の流れをご確認いただいたところで、次は貴社商品の掲載の手順を確認していきましょう。

カテゴリ登録

管理画面のメニュー「商品管理」をクリックすると表示されるサブメニュー「カテゴリ管理」をクリックしてください。

カテゴリ管理へ進む

カテゴリ管理では、貴社商品を登録する際に必要な商品カテゴリを登録します。「新規カテゴリを登録」をクリックしてください。

新規カテゴリ登録

新規カテゴリ登録ページが開きますので、必要事項を入力し、最下部の登録ボタンをクリックしてください。

新規商品登録

商品一覧へ進む

それではここから貴社商品の情報を登録していきます。商品管理のサブメニュー「商品一覧」へ進んでください。

商品基本情報登録

新規商品登録

右上の新規商品登録をクリックしてください。商品基本情報を登録するページに進みますので、商品名やメインカテゴリなどの必須項目のほか、貴社商品情報に必要な情報を入力してください。商品基本情報のページ詳細についてはこちらよりご確認ください。

セット情報登録

セット編集

商品基本情報を登録すると、基本情報編集ページの右上に「セット編集」、「サブ画像編集」、「商品ページ表示」のボタンが表示されます。ここで「セット編集」のボタンをクリックしてください。Bカートでは販売する商品の価格や在庫数を「セット」という単位で管理していきます。セット編集の詳細についてはこちらよりご確認ください。セット編集の入力が完了したら、ページ最下部の「新規セット登録」をクリックしてください。

商品画像登録

商品画像については基本情報編集の「画像パス」の項目で1枚登録できますが、サブ画像は6枚まで登録可能です。それ以外にも画像を表示されたい方はフリースペースにてHTMLで記述いただくか、サブ画像追加オプションをご検討ください。

商品ページを確認する

商品基本情報、セット情報の登録ができましたので商品ページにどのように反映されているか見てみましょう。基本情報編集またはセット編集のページ右上の「商品ページ表示」をクリックしてください。一般画面の商品ページが表示されますので、こちらで入力した情報の表示状況を確認することができます。

商品情報を一括で登録する(CSVインポート機能)

ここまで商品を1件ずつ登録する方法をご説明しましたが、10件単位、100件単位などまとまった件数の商品を登録する際の一括登録の方法をご紹介します。商品管理ページのサブメニュー「商品インポート」へ進んでください。こちらでCSVファイルの仕様書と雛形をダウンロード、貴社商品情報を入力してアップロードしていただくだけで一括登録が可能となっております。CSVでの商品インポートの詳細はこちらよりご確認ください。

2/6 注文してみましょう

それではBカートで貴社顧客が発注をするところから進めていきましょう。

Bカートでは「代理ログイン」機能により、各顧客のアカウントでログインした際の商品や価格の表示状況をチェックすることができます。今回はこの機能を活用して、テスト注文を入れてみます。

まずは管理画面のメニューから会員管理へ進んでください。

会員管理への進み方

上画像赤枠のメニュー「会員管理」をクリック

会員一覧ページが表示されますので、一覧で表示されている会員情報の右端にある「ログイン」ボタンをクリックすると、代理ログインの確認メッセージが表示されますので、「OK」をクリックしてください。

会員管理ページ

会員一覧ページ

こちらをクリックして代理ログインへ

OKをクリック

一般画面~注文確定

貴社顧客用の閲覧画面(以下、一般画面)のトップページがログインされた状態で表示されますので以下の画像赤枠部分「商品一覧」へ進んでください。

一般画面トップ

一般画面トップ

表示されているいずれかの商品画像をクリックしてください。

商品一覧

商品詳細ページが表示されますので、

購入する商品に数量を入れ、「カートに入れる」をクリックしてください。

カートに入れる

購入する商品をカートに入れる

カートの中身確認のページが表示されますので、右下の「注文へ進む」をクリックしてください。

カートの中身

カートの中身確認画面

ご注文情報入力ページが表示されますので、以下の内容を入力してページ最下部の「確認画面へ進む」をクリックしてください。

  • 配送先情報
  • 決済方法
  • 配送日指定
  • 配送時間指定
  • 連絡事項

注文を確認する

注文情報を入力して内容確認へ

ご注文情報確認のページが表示されますので、内容を確認してページ最下部の「注文を確定する」をクリックしてください。

注文を確定する

注文を確定して完了

注文完了

注文データの送信完了

これで管理画面側に受注データが送信されていますので、次項で確認していきましょう。

管理者への注文受付完了メールを受け取る設定はこちら

3/6 受注データを確認してみましょう

一般画面から注文確定しましたので、管理画面で受注データを見てみましょう。

管理画面のメニュー「受注管理」をクリックすると表示されるサブメニュー「受注一覧」をクリックしてください。

受注管理へ進む

受注一覧ページが表示されますので、先ほどの注文が表示されていることを確認してください。

4/6 社内システムへデータを取り込みましょう

受注データが入ってきたら出荷指示や請求業務へと移っていきますが、ここではBカートASPの受注データを社内システム※へと渡し、業務フローをスムーズに進めていくためのデータ連携方法についてご紹介します。

※社内システム:ここでは販売管理システム(受注、在庫、請求管理など)や、基幹システム(販売管理の機能に加え、労務管理など社内業務全般の管理に利用される)を総称して社内システムと表記しております。

1.API連携

APIについてはこちら:BtoBで唯一。BカートASPがAPIを公開。

開発担当者の方はこちら:BカートAPI仕様書

BカートAPIを利用した連携ではBカートASP側での追加開発(費用)無しでお使いいただけます。ただし、基幹(販売管理)システム側の開発は必要となりますのでご注意ください。

2.CSV連携

こちらはBカートASPの標準機能であるカスタムCSV機能およびCSVエクスポート機能*注1により受注データをダウンロードいただき、社内システムへ取り込んでいただく方法です。こちらもBカートASP側での追加開発無しでお使いいただけますが、社内システム側にCSVのインポート機能が無い場合は開発が必要となる場合があります。*注1:CSVエクスポート機能はプラン10からご利用いただけます。ライトプランではご利用いただけません。

3.バッチ処理

こちらはBカートASP側と社内システム側の両方に開発が必要となります。また要件定義もAPI連携より複雑になるため納品までの期間を最も要します。

尚、BカートASPではBtoB決済代行サービスやカード決済サービスとも連携しておりますので併せて導入を検討されることをおすすめいたします。

5/6 顧客データを登録してみましょう

それでは顧客データの登録(会員登録)の手順を見ていきましょう。会員登録には大きく分けて2種類の方法があります。

管理画面より登録する

この方法は貴社が管理画面のメニュー「会員管理」で会員情報を登録する方法です。既存顧客との取引をECサイトへ移行されたい場合はサイトオープン前にこの方法で会員情報を作成しておき、顧客へログイン用のアカウント情報を連絡されることをおすすめします。

会員情報を一括登録する

会員管理のサブメニュー「会員インポート」からCSVを使って貴社顧客の情報を一括で登録することができます。会員インポート機能の詳細についてはこちらよりご確認ください。

会員登録フォームより申請する場合

一般画面のサイドメニューに会員登録フォームへのリンクが表示されていますので、貴社顧客が貴社サイトへアクセスした際に会員登録フォームから申請し、貴社が管理画面側で承認することで会員登録完了となります。

会員登録へ進む

会員登録申請フォーム

6/6 Bカートのご利用お申込み方法について

お試し環境にて検証していただき、本申込をしていただく方法についてご案内いたします。

管理画面にログインする

管理画面にログインしていただくと、ページ上部に以下イメージのような青いバナーの表示がございます。
このバナーの「お申込みはこちら」をクリックしていただくと申込フォームのウィンドウが開きます。

管理画面のお申込みへのリンクバナー

必要事項を入力する

ここでは申込に必要な情報を入力いただきます。会社情報は無料お試しサービスお申込み時に入力頂いた内容が自動で反映されます。

ドメインを入力する

ご希望のドメインをご入力ください
Bカートでは、ご利用いただくドメインについて以下の3つの選択肢をご用意しております。

    1. Bカートドメインを利用する

貴社がbcart.jpのサブドメインを指定して弊社が取得いたします
例)company_name.bcart.jp
こちらの場合、追加費用なくご利用いただけます。
(ドメインは弊社所有となり、貴社への譲渡はできかねますのでご留意ください)

    1. ご希望のドメインを指定する(弊社で取得し貴社へ貸与)

例)company_name.com, company_name.netなど
こちらの場合、常時SSL対応費用として月額3,000円(+税)を頂戴しております。
また、弊社が取得できるトップレベルドメインの種類は「.com」「.net」「.info」「.biz」の4種のいずれかからお選びいただく形となります。
(ドメインは弊社所有となり、貴社への譲渡はできかねますのでご留意ください)

    1. 貴社取得済みまたは取得予定のドメインを持ち込む

こちらの場合も常時SSL対応費用として月額3,000円(+税)を頂戴しております。
  お名前ドットコム(https://www.onamae.com/)などのドメイン取得サービスにて
貴社が取得されたドメインを弊社環境へ接続する設定(DNS設定)を行います。

2-Aと違い、ご利用いただけるトップレベルドメインの種類に制限はございませんが、
貴社でのドメイン取得には取得費用及び更新費用が掛かってまいります。


いかがでしたでしょうか?本記事ではBカートASPの基本的な機能を紹介させていただきましたが、その他の様々な機能についても紹介していますのでぜひご覧いただければと思います。

Bカート運営部
Bカート運営部(Bcart Operations Department)

BtoBならBカート!で、おなじみのBカート運営部です。BtoB(企業間取引)のEC化を促進し社会にインパクト与えます。より良いサービスをご提供できるようスタッフ一同奮闘中!