業務効率化

なにかと煩雑なことが多いBtoB取引ですが、受発注業務をEC化することでオペレーションコストは軽減され 本来取り組むべき業務にリソースを集中できる環境を構築できます。

従来のスモールビジネス

各取引先との契約書の締結に始まり、在庫をFAXで確認します。在庫があれば「あります」なければ「ないです」と納期回答をおこなった上で、実際の注文がFAX入ります。

FAXで受け付けた注文はなんらかの社内システムに手入力して、在庫の引き当てがかかったものから出荷していきます。

そして、BtoB取引の場合はほとんどが掛売りなのでのちほど請求するのですが、金額不足や未払いなどによって督促業務が発生するという非常な煩雑な業務体制でした。

Bカート導入後のスモールビジネス

BカートでBtoB取引をEC化することで取引先からの注文はBカートにまとまります。受注と同時にデータ化されるので同じデータ形式で処理することができます。基幹システムに取り込んだり、倉庫などへの出荷指示も効率的におこなうことが可能です。

また、請求業務もBカートと連携している他社サービスにアウトソーシングすることで、心理的な負担の大きい督促業務からも開放され、受注した注文はすぐに出荷できるフローになります。

個別対応の多いBtoB取引ですがEC化することで業務効率が格段にあがりました。