BtoB 受発注の用語集

歩留(ブドマリ) とは

製造・生産業において、原材料から得られるだろう想定生産量に対しての製品出荷量の比率をいう。 「歩留まり」「歩留率」「歩止まり」「イールドレート」ともいう。

例えば不良品が発生すれば出荷できる製品量が落ち、歩留まりは下がる。 計算例:【100% − (ロス率) = 歩留まり】 逆に歩留まりが高ければ、生産性・効率性が良いということがいえる。

歩留まりの上下は、製造する事は多少の不良品の発生を伴うこと(原材料の質、製造工程での人的ミス・機器トラブル、良品基準の定義、廃材量の発生)があげられるが 食品加工・飲食業や部材製造など業種・生産物によっても要因は変わる。 原価管理と歩留の把握は、コストダウンと利益率の確保に繋がるため重要な数値である。